2008年4月 7日 (月)

珍しい物。

今日ウオーキングしていると時は雨も降らずに出来たのに、帰って来て直ぐに雨降りになり殆ど1日中良く降った。雨降りで何も出来ないので、図書館に何か変わった物がないか、探しに行って来た。新入荷本を見ていたら面白そうな本を見付けた。講談社+a新書「モーツアルトが求め続けた脳内物質」須藤伝悦とゆう本だ。モツアルトの時代は脳検査も治療も行われていない。後世の学者や研究者がアレコレ調べて、現代の水準でアレコレと判断しているようだ。モツアルトは若くして亡くなったが、沢山の名曲を残している。僕の好きな「アイネクライネナハトモジューク」や「フィーガロの結婚」ピアノ曲、重奏曲、等等沢山ある。生きた時代によって、世の中の事情が変わって来るのだ。少し読んだが面白い本に巡り合えて良かった。今年の3月に発行された本である。新刊図書は覗いて見てどんな本が入荷しているか見て置くべきだとツクズク感じた。

2008年3月18日 (火)

留守番電話の交換。

今日は良いお天気だったが、気温が上がらず日陰では寒い位だった。今まで使って居た留守番電話の調子が悪くて、マトモに機能しなくなった。電気屋に行き修理を頼んだら、どんなタイプですか、聞かれたので、オリンパスの小型テープレコウダーの入ったものです、とゆうとソノタイプは古いので、修理出来ないと言われ、新しい機種に変え買えて下さいと言われた。仕方が無いのでカタログを見せて貰って適当な機種を注文した。直ぐに入荷した事で、金額を聞きお金を卸して支払い現物を貰って帰った。電気屋さんが付け替えて調節しましょうかと言われたが、マヌアルを見て自分で遣って見ます、と言いマニュアルを読みながら接続して行った。電気関係には余り強くないのだが、頭の体操には良いので色々遣って見た。ドウシテモ解らない所は電気屋さんに教えて貰いながら、ドウニカ出来た様だ。公衆電話からテスト電話を入れて、帰って来てチャント入っているか確かめた。チャント入って居てヤッターと嬉しくなった。まだボケテいないぞ、と証明して貰ったようだ。他所の電話でテストする訳には行かないので、自分の所でテストして証明するより遣り様が無いだろう。値段は11,800円と割合安く済んだ。預金通帳の出金欄に記帳されるので、電話機交換と記入して置いて家計簿代わりしておいた。使える物は使って遣ろう。

2007年6月 3日 (日)

市、県民税の大幅アップ。

今日は雲が多く出ていたが、結構暑くて日陰でも団扇や扇子で扇いで居て良い位だった。5月25日発行の広報に市県民税の主な税制改正が出ていた。6月1日(金)に市税務課に行き、具体的に聴いて来た。改正と言っているが大巾増税である。たこぼうの場合、去年と比較して具体的数値で算出比較して説明して下さい、と申し出てメモに書いて説明して貰った。昨年64,700円が今年は113,400円になり、48,700円の値上げ、1.753倍になるとの事。年金は上がらないが、税金は上がって来る。皆さんも計算して貰って見て下さい。支出引き締めを遣って、バランスを取る様にしよう。

2006年11月29日 (水)

85歳ブログデビユーの記事

今日の産経新聞に「若者顔負け、85歳ブログデビュー」と載っている。水曜日はizapaperが載って居て、楽しんで読み、切り抜いて居る。今日の記事は鎌田光男さん(85歳)こと「案山子」さんのブログ「一握の砂」。80歳の時、独学で自分のウエブサイトを開設。「なにくそ」と遣り上げた。(大正10年の生まれのはず)、見上げた努力である。僕もまだまだガンバラにゃあ。 

一握の砂:URL...41kamasan36.iza.ne.jp/blog/

2006年9月28日 (木)

江原区老人会のお宮さん掃除

例月1日に行われて居る江原区老人会のお宮さん掃除は、今日行われた。曇り空であったが、降らずに済んだ。何時も参加されるメンバーの顔が見えないと皆が心配して話題になる。特に1人暮らしの人は皆が気を付けて呉れる。田舎の老人会の良い所である。何時までも元気で、会合に出席するようしよう。

2006年9月16日 (土)

国体炬火リレーが行われた。

第61回国体のじぎく兵庫大会が10月1~4日に行われる。日高町では成年女子ソフトボールが、県立ドームと植村直己記念公園で行はれる。炬火リレーが15時42分~16時に日高総合支所~江原駅まで行はれた。国体は50年に1回廻って来るので、僕の生涯では初めてで、終わりだろう。デジカメで写してきた。ブログに入れられるか、どうか?

2006年9月 4日 (月)

稲刈りがもう始まった。

9月2日自転車で走っていたら、道端の田圃で稲刈りをしていた。早速デジカメで撮った。211日目である。昔の事はよく覚えていないが、10月の中ごろから稲刈りが始まったように思う。1月半位早いと思う。農業技術が進歩して台風が来る前に収穫出来るように、成ったのであろう。この地方の作柄は例年どうりとの事だから、豊作だろう。御目出度い事である。中学生時代に勤労奉仕で稲刈りを10~15日位やらされて、腰が痛くてしんどかった事が思い出される。いまはコンバインで早くて楽に出来て、見ていても楽しそうである。昔のお爺さんやお婆さんは腰の曲がった人が多かったのは、農作業のせいだろう。昔の事を色々思い出しながら、しばらく見ていた。

2006年8月18日 (金)

江原区の子供会と老人会

今日は江原区の子供会と老人会の交流ピンボウル会と輪投げ会が公民館で行われた。子供の数は少ないが、老人の数は多い。1~3等とブウビイに賞品がでた。ピンボウルで1等、輪投げで3等を貰った。余興の札つりでも残念賞と3個の賞を貰った。1人占めは良くないので、3等賞を新入会の知り合いのお母さんに上げた。喜んで貰えてよかった。

2006年8月 8日 (火)

資源ごみについて

8月6日(8月の第1日曜日)に資源ごみに、空き瓶と空き缶を指定置き場に、指定道理に名前と隣保名をマジックでかいてだした。そうしたら、公民館の係りの人から電話があり、空き缶の袋の中にシンナーの空き缶が、入っているので回収されずに残されているので、持ち帰って、シンナー缶を取り出して処理のやり直しをしてくださいと、電話があった。シンナー缶は危険物に指定されているので、中身を完全に出して、空き缶を潰すか危険物処理業者に出すか選んで処理するようにとのこと。空き缶になって、2-3ヶ月蓋をとって置いていたので中身は完全になくなっている。缶を叩き潰してシンナーと書いてある部分を中に織り込んで、外からは見えないようにした。自分は中身が完全になくて大丈夫、といっても他人には解らない事だから、ゴミ1つ出すにも他人に理解して貰う事が必要だとおもった。

2006年8月 5日 (土)

稲穂が出ている。

暑い日がつずきますが、2-3日前から稲穂が出ているのを見かけました。日高幼稚園前の田里水道屋さんの田圃です。稲は良く出来ていて、豊作だろうと思われます。有難いことですね。もう少したっと秋が来るのでしょう。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック