2008年1月25日 (金)

24日の研修会

24日は天気予報のとうりに雪降りの寒い1日だった。日高地区老人クラブ会長研修会が神鍋高原「道の駅」で開催され、江原地区代表として会長と副会長の2人が参加した。9時15分にバスが迎えに来て、10時から研修協議、11時半から温泉入浴、12時から懇親会(新年会の宴会)と成った。宴会にはカラオケが付物であり、知り合いも多く、大いに盛上がった。僕も1、黒田節2、赤蜻蛉、3、かくれんぼ4、ラバウル小唄5、お前に有難うを歌って来た。今年は新年会が3回あり、これで終わりである。3回とも楽しく飲んで楽しく歌って来た。宴会もカラオケも当分オアズケである。

2006年11月17日 (金)

文化協会展を見て来た。

今日から第28回日高文化協会展が行われ見て来た。押し花絵、油絵、短歌、俳句、生け花、写真、書道、等等数多く展示されていた。知った人の作品が多く、見て廻るのに時間が懸かった。でも力作が並んでいて,眼の保養になった。

2006年11月12日 (日)

文化祭に行った。

第39回日高地区文化祭『日高の夕べ』日高地区公民館主催を見て来た。各地区夫々の演目で、芝居、相撲甚句、踊り、お神楽、銭太鼓、和太鼓、太極拳、コーラス、等等と変化に富んで居て面白かった。赤穂藩大石内蔵助の妻,りくは豊岡藩の出であり、お家取り潰しの時に離縁されて、子供2人をつれて、故郷に帰って来る情景を、お手玉踊りにしたものや、男の子の健やかな成長を祈願して、子供も大人も綺麗な化粧回しを付けて、土俵入りする郷土民芸など、初めて見るものもあり参考にもなった。泣き出す子供もあり、かわいかった。最後に入場時に番号札を貰ったので、抽選会がありお皿洗いの洗剤1本が当たった。

2006年10月20日 (金)

素人芝居を見た。

ある会合で何十年振りに素人芝居の金色夜叉を見た。尾崎紅葉の熱海の海岸の一幕物であるが、喜劇物にしてあるので、腹の皮が捩れる程笑った。笑う事は健康に良いとゆう事だから、此の芝居を見た事で健康も良い方向に進んだことだろう。大いに楽しんで来た。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック